高体連Web日誌(平成29年度)

2017年11月5日(日) 県高等学校総合体育大会駅伝競走大会(大町市運動公園陸上競技場及び長距離競走路)

 前日の荒天とはうって変わってレース当日は好天に恵まれました。女子は、長野東高校が1時間9分24秒の大会新記録で11連覇。男子は、佐久長聖高校が2時間5分48秒の歴代2位の記録で20連覇。12月の都大路では、昨年以上の成績が期待されます!!

女子スタート 女子1位:長野東(1時間9分24秒)
女子2位:諏訪二葉(1時間17分3秒) 女子3位:東海大諏訪(1時間17分27秒)
男子1位:佐久長聖(2時間5分48秒) 男子2位:長野日大(2時間11分24秒)
 男子3位:東海大諏訪(2時間13分44秒) 男子表彰式 

2017年10月15日(日) 県新人体育大会弓道競技大会(塩尻市弓道場)

 冷たい雨が降りしきる中、多くの役員の皆様のご協力と多くの方々の応援を受けて大会が開催されました。静寂な雰囲気の中、的中した時に応援の生徒たちからあがる「ヨシ!」という声が響き渡っていました。まだまだ的中率は高くないようですが、さらに練習をして技能を高めてください。
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④
競技の様子⑤ 競技の様子⑥

2017年10月14日(土) 北信越高等学校定時制通信制総合体育大会総合開会式(松本市総合体育館)

 松本筑摩高校生徒会長による「歓迎の言葉」の後、緊張した面持ちで「選手宣誓」が行われました。2日間に渡り、松本・塩尻地区で9競技が行われました。
選手宣誓 優勝旗・優勝杯返還

2017年9月23日(土) 県新人体育大会テニス競技大会(松本市浅間温泉庭球公園テニスコート)

今夏の南東北総体で大活躍した長野県のテニス競技。来年、三重県で開催されるインターハイに向けてスタートが切られました。とある高校のキャプテンに抱負を聞いたところ、「来年のインターハイ優勝を目標にしています。」と答えてくれました。頼もしいですね。期待しながら応援しています。
男子シングルス 女子シングルス
男子団体戦開始挨拶 女子ダブルス
男子シングルス 女子ダブルス

2017年9月16日(土) 県新人体育大会ボート競技大会(下諏訪町漕艇場)

 今夏の南東北総体で大活躍した長野県のボート競技。来年、愛知県で開催されるインターハイに向けてスタートが切られました。ボート競技は、シングルスカルを除いて究極のチームワークを必要とするシンクロスポーツです。競技を遠目から見ていると優雅に見えますが、近くで見ると、コックスのかけ声、動きの速さや力強さを実感できます。1000mを漕ぎ切るには相当のトレーニングが必要な競技です。
女子シングルスカル 男子シングルスカル
女子ダブルスカル 男子ダブルスカル
女子舵手つきクォドルプル 男子舵手つきクォドルプル

2017年8月8日(火) 柔道競技(郡山総合体育館)

 2556席の観客席がいっぱいになり、立ち見の観客が出るほどの大観衆の中、男子団体試合が行われました。残念ながら松本第一高校は初戦で惜敗してしまいましたが、2021年度に長野県で開催が予定されているインターハイに向けての第一歩となればと願っています。
松本第一 VS 京都学園① 松本第一 VS 京都学園②
松本第一 VS 京都学園③ 松本第一 VS 京都学園④
松本第一 VS 京都学園⑤ 松本第一 VS 京都学園⑥

2017年8月7日(月) 少林寺拳法競技(塩釜ガス体育館)

 男子単独演武で東海大諏訪高校の飯島 凌選手が、見事8位に入りました。
 長野県選手団の結団式でも団体演武を披露してくださいました。ありがとう。そしておめでとう。2021年度に長野県で開催が予定されているインターハイに向けて、競技人口の増加と更なる競技力向上が期待されます。
信濃毎日新聞8月8日朝刊

2017年8月6日(日)、7日(月)③ テニス競技(会津総合運動公園テニスコート)

 女子は団体準優勝に続き、ダブルスでも準決勝に進出するという好成績を収めました。2021年度に長野県で開催が予定されているインターハイ優勝に向けての第一歩です!
女子シングルス① 女子シングルス②
女子ダブルス準決勝① 女子ダブルス準決勝②
女子ダブルス準決勝③ 女子ダブルス準決勝④

2017年8月6日(日)② ハンドボール競技(福島市あづま総合体育館)

屋代 VS 高山西① 屋代 VS 高山西②
屋代 VS 高山西③ 屋代 VS 高山西④
屋代 VS 高山西⑤ 屋代 VS 高山西⑥

2017年8月6日(日)① ボート競技(登米市アイエス総合ボートランド)

 岡谷南高校の舵手つきクォドルプルチームが、長野県勢として25年ぶりの優勝を成し遂げました。おめでとうございます。
信濃毎日新聞8月7日朝刊

2017年8月4日(金) テニス競技女子団体決勝(会津総合運動公園テニスコート)

松商学園VS四日市商業① 松商学園VS四日市商業②
松商学園VS四日市商業③ 表彰式の様子①
表彰式の様子② 松商学園高校テニス部

2017年7月29日(土)、31日(月) サッカー(みやぎ生協めぐみ野サッカー場)

市立長野VS鹿島学園① 市立長野VS鹿島学園②
市立長野VS流通経大柏① 市立長野VS流通経大柏②
市立長野VS流通経大柏③ 市立長野VS流通経大柏④

2017年7月30日(日) 女子ソフトボール(白鷹町ソフトボール場)

篠ノ井VS笠田① 篠ノ井VS笠田②
篠ノ井VS笠田③ 篠ノ井VS笠田④
篠ノ井VS笠田⑤ 篠ノ井VS笠田⑥

2017年7月29日(土)③ 陸上競技(NDソフトスタジアム山形)

女子400m 女子1500m①
女子1500m② 女子1500m③
男子1500m① 男子1500m②

2017年7月29日(土)② 女子バレーボール(セキスイハイムスーパーアリーナ)

東京都市大塩尻VS宮崎日大① 東京都市大塩尻VS宮崎日大②
東京都市大塩尻VS宮崎日大③ 東京都市大塩尻VS宮崎日大④

2017年7月29日(土)① 男子バレーボール(天童市スポーツセンター)

創造学園VS近江① 創造学園VS近江②
創造学園VS近江③ 創造学園VS近江④
創造学園VS近江⑤ 創造学園VS近江⑥

2017年7月28日(金) 総合開会式(山形県総合運動公園総合体育館)

 「繋がる絆 魅せよう僕らの若き力」をスローガンに、「はばたけ世界へ 南東北総体2017」が開幕しました。総合開会式には皇太子殿下の御臨席を仰ぎ、選手・大会関係者をはじめ観客など約4200人が参加しました。観客席からの盛大な拍手の中、選手団総勢約1100人が各県ごと順番に入場行進を行いました。
 開会式の式典後、山形県内の高校生たち約420人が、ダンス、書道、音楽など多彩なパフォーマンスを盛り込んだ公開競技を披露してくれました。テーマは、「かがやく未来へ 思いを集め川は流れ 希望を乗せて船は行く」。母なる川として山形県民に親しまれる最上川をモチーフに、人の成長と山形県の地域や特色などを重ね合わせた内容。第1章「誕生」では、ハンドベルと琴の演奏、新体操により生命が生まれる様子を表現。第2章「成長」では、演劇と郷土芸能を織り交ぜて食の恵みと成長への感謝を示す。第3章「生きる」では、和太鼓、ヒップホップダンスで厳しい自然の中で生きることへの喜びと情熱を表現。第4章「希望」で子どもたちの成長と平和な未来の創造への願いを託してピアノ演奏、独唱、合唱、吹奏楽、書道パフォーマンスを披露。第5章「未来へ」で、勇気、希望、世界にはばたく若者を表現。見ごたえのあるパフォーマンスで、会場は万雷の拍手に包まれました。
 退場後、控所へと向かう通路には公開競技の参加者全員が両側に立ち、「がんばってください!」とハイタッチしながら声をかけてくださいました。
 選手団の先導をしてくださった山形県の高校生の皆さん、会場内外での誘導をしてくださった山形県高野連所属の野球部の皆さんなど、多くの生徒・役員の皆様の支えによりインターハイが成り立っていることを改めて肌で感じました。感謝。
信濃毎日新聞 7月29日朝刊
長野県選手団入場 長野県選手団入場行進
第1章 誕生 ~生命と創成~ 第2章 成長 ~太陽と恵み~
第3章 新生 ~響きあう鼓動~ 第4章 希望 ~健やかな成長①~
第4章 希望 ~健やかな成長②~ 第5章 未来へ ~希望の船出①~
第5章 未来へ ~希望の船出②~ 選手団激励

2017年7月28日(金) 南東北総体現地激励会(山形県総合運動公園))

総合開会式の前に、長野県教育委員会の原山教育長、塩野参事兼高校教育課長、内山スポーツ課長、檀原スポーツ課指導主事をお迎えし、屋内多目的コートで現地激励会を行いました。
原山隆一教育長様からの激励① 原山隆一教育長様からの激励②
現地激励会参加者(島﨑副理事長撮影) 宮崎綾美旗手への長野県高体連旗授与

2017年7月27日(木) 全国高体連加盟団体長会(ホテルメトロポリタン山形)

 明日から始まる南東北総体の最終確認が行われました。併せて、全国高体連表彰式が行われ、本連盟の矢島富士雄会長(上田東高等学校学校長)が全国高体連理事としての功績を讃えられ、表彰をお受けになりました。
表彰の様子 被表彰者挨拶

2017年7月14日(金) 結団式(松本市キッセイ文化ホール)

 今年で高体連と高文連が合同開催する結団式は2年目。この形式は全国で唯一です。同じ特別活動に係ることですから、相互理解のためにとても良い機会だと思います。
 さて、これからを生きる高校生たちには、多くの課題に向き合い、その解決のために学び続け、仲間と協働する姿勢を持つことが求められており、「学びの改革」の名のもとに様々な方策が提言されています。例えば、授業においては主体的・対話的な学び(探究的な学び)への転換が求められています。
 そもそも、クラブ活動には、探究的な学びの要素がたくさん含まれており、顧問と生徒の取り組みによっては、この学びを活動の中で行うことは可能です。これまでもそれを実践し、社会を創造する高校生の成長に貢献してきたと言っても過言ではありません。かつて長野高校に勤務していた頃(今も勤務していますが)、当時の山口利幸校長先生(元県教育長)が、「(前略)生徒は授業と放課後のクラブ活動、その縦と横の人間関係の中で成長しているんです。(後略)」と全職員を強い言葉で指導されたことを思い出します。高校生は、授業ばかりでなく、クラブ活動や生徒会活動の探究的な学びを通して成長しているんです。
 選手諸君には、南東北総体出場にあたり、家族、指導者、友達など、たくさんの人たちが支えてくださっていることを再確認して欲しいと思っています。例えば、たった2時間の結団式を開催することでさえ、何十倍もの準備時間とたくさんの方々の支えが不可欠です。南東北総体の会場では、地元の高校生が大会を支えてくれます。全国総体の準備には、いったいどれだけの時間と人が関わっているのでしょう? 想像してみてください! 支えられていることを理解できれば、最後の1秒、最後の1点まで粘り強く試合に取り組めるのではないかと思います。このようなことも全国総体で学んできてください。
 あと少しで開幕です。心も身体も良い準備をしてください。
信濃毎日新聞新聞 7月15日朝刊
選手紹介 長野県高体連旗授与
選手代表の決意表明(高体連) 生徒代表の決意表明(高文連)
競技紹介・少林寺拳法団体演武① 競技紹介・少林寺拳法団体演武②
ギター・マンドリン演奏(高文連) エール

2017年7月7日(金) 全国理事長会(山形県山形市、天童市)

 「信州と比べ、なんて蒸し暑いんだ!」と感じた一日。山形県高体連孫田会長いわく「本日は33℃ありましたが、さほど蒸し暑くはありません。インターハイの頃はもっと蒸し暑くなります。酒田や鶴岡は、山形市よりも涼しいですが。福島県は、ここよりももっと蒸し暑いです。」とのこと。信州と最高気温はさほど変わりませんが、やはり湿度が高いのが特徴です。特に、屋外での競技については、直射日光や地面からの照り返しで、体感温度は40℃を超えるのではないかと予想されます。この気候に順化できるか!! 良いパフォーマンスを発揮するためのポイントにもなりそうです。
山形新聞 7月8日朝刊
山形駅構内 山形駅前にて

2017年7月1日(土) 県総体水泳競技大会(諏訪市すわっこランド)

7月21日~23日に富山県で行われる北信越大会において、各種目3位+標準記録突破者が、8月17日から宮城県利府町で開催される全国総体に進出できます。多くの選手が厳しい戦いを勝ち抜けるよう、良い準備をして臨んでください。
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④
競技の様子⑤ 競技の様子⑥
男子800mリレー表彰式 女子800mリレー表彰式

2017年6月11日(日) 県総体相撲競技大会(塩尻市民体育館併設相撲場)

いわゆる砂かぶりの位置で観戦していると、改めて選手の気迫、身体がぶつかりあう音、そして土俵際の攻防に迫力を感じます。本年の全国総体は、宮城県大崎市で開催されます。昨年以上の成績を目指して稽古を積んでください。
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④

2017年6月10日(土) 県定時制通信制総体(長野高校・長野西高校)

 バスケットボール、卓球、ソフトテニス、剣道、バドミントンの競技が行われました。バスケットボール男子の松本筑摩高校は3連覇を成し遂げました。本年の全国定通大会は、7月下旬~8月中旬にかけて、東京都、神奈川県、千葉県、静岡県で開催されます。
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④

2017年6月5日(月) 県総体ソフトボール競技大会(須坂市北部グラウンド)

 女子決勝戦は、緊迫した僅差の試合で、結果的には先取点を取れたかどうかが勝敗の分かれ目となりました。監督や仲間が、選手に対して「プラス思考」を促そうとする”言葉がけ”が強く印象に残りました。本年の全国総体は、山形県で開催されます。
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④
競技の様子⑤ 競技の様子⑥

2017年6月3日(土)、4日(日) 県総体バレーボール競技大会(佐久市総合体育館他)

一冬越えて県総体になると、各チームとも精度や力強さが増してきます。選手の特性や長所を見極め、最大限の力が発揮できるようなスタイルを選択し、それを練習で確立したチームが上位に進出したような気がします。今年の全国総体は、男子が山形県、女子が宮城県で開催されます。
男子競技の様子① 男子競技の様子②
男子競技の様子③ 男子競技の様子④
女子競技の様子① 女子競技の様子②
女子競技の様子③ 女子競技の様子④

2017年6月3日(土) 県総体空手道競技大会(松本市波田体育館)

 2020東京オリンピックの正式種目に採用されました。競技種目には2種類あります。「形」は、相手と戦うことを想定した基本動作の組合せで、難易度・スピード・キレ・形に対する理解度が採点のポイントになります。「組手」は、寸止めの突きや蹴りを相手の顔や腹に決め、ポイントでの採点になります。今年の全国総体は、福島県猪苗代町で開催されます。
女子個人形① 女子個人形②
女子個人形③ 女子個人形④
男子個人形① 男子個人形②
男子個人形③ 男子個人形④

2017年6月2日(金) 県総体テニス競技大会(南長野運動公園テニスコート)

 晴れたり、雨が降ったり、急に風が強くなったり。めまぐるしくコンディションが変化する中、仲間の大きな声援を受けながら、選手たちの素晴らしいプレーが繰り広げられました。今年の全国総体は、福島県会津若松市で開催されます。
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④

2017年6月2日(金) 県総体ハンドボール競技大会(千曲市戸倉体育館他)

 走・投・跳の3要素が揃ったスポーツです。ディフェンスの選手は正面であればオフェンスの選手への身体接触が許されるので、 激しい体と体のぶつかり合いがあります。今年の全国総体は、福島県福島市で開催されます。
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④

2017年5月28日(日) 県総体体操競技会(ホワイトリングサブアリーナ)

 張り詰めた緊張感のある雰囲気の中、また、体操教室の小さな子どもたちの応援の声が響く中、選手たちは集中して競技に臨んでいました。今年の全国総体は山形県酒田市で開催されます。
段違い平行棒 つり輪
あん馬
平行棒 平均台

2017年5月27日(土) 県総体サッカー競技大会(松本平広域公園サッカー場他)

 炎天下の中、熱戦が繰り広げられました。女子も男子も、6月4日(日)に長野Uスタジアムで行われる決勝戦を目指してがんばってください。今年の全国総体は宮城県で開催されます。 
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④
競技の様子⑤ 競技の様子⑥

2017年5月27日(土) 県総体陸上競技会(松本平広域公園陸上競技場)

 大会1日目とは全く異なる炎天下での競技会となりました。今年の全国総体の会場は山形県天童市です。おそらく長野県とは比べ物にならない暑さです。6月の北信越大会で1人でも多くの選手に出場権を獲得してもらいたいと思います。 
競技の様子① 競技の様子②
競技の様子③ 競技の様子④

2017年4月25日(火) 理事会・専門委員長会・評議員会

 理事会と評議員会が開催され、本年度の役員と事業計画などが決定しました。また、専門委員長会では様々な業務についての確認がなされました。5月初旬の地区予選を皮切りに、6月初旬の県大会、中旬の北信越大会と、南東北インターハイを目指す戦いが始まります。高校生アスリートに皆さんには、良い準備をして最高のパフォーマンスを発揮してくれることを期待しています。
理事会の様子 理事会の様子
評議員会の様子 評議員会の様子

2017年4月13日(木) 全県専門委員会

 長野県高体連の役員、専門委員が一同に介し、本年度の活動が本格的に始まりました。会議の中で、平成28年度の功労者表彰および優秀指導者表彰も行われました。中には、16年もの長きにわたり専門委員長を務められた先生もいらっしゃます。このような先生方の熱意や使命感で高体連やクラブ活動が支えられていることを改めて感じさせられました。本当にありがとうございました。また、今後ともよろしくお願いします。
会長挨拶 功労者表彰
優秀指導者表彰 被表彰者挨拶